自分の在り方

自分の在り方

2020年07月02日(木)10:22

 

『pubスナック progress』

 

山口優希ブログに立ち寄っていただきありがとうございます

 

 

コロナウイルスが蔓延した現在

 

これまでの在り方を見直し、

 

自分にとって本当に必要な物、いらないものを見極めた人が多いはずですが

 

世間体や周囲の評価、社会のモノサシ

 

『普通はこんな時はこうだよね?』

 

『その立場としてそうだよね?』

 

 

普通って何?と私は疑問に思います

 

 

相手の育った環境、その時の心理状況

 

相手の気持ちは相手の立場にならないと分からず

 

相手から気持ちを聞いた訳でもないのに違うと決めつけ

 

マナー、マナーという人ほど

 

余りにも他人に対して

 

一方的な自分のモノサシでの考えを通し決めつける人が多く感じます

 

 

一つの物事、一つの言葉受け取り方

 

 

人それぞれの人生や考えがあり

 

相手の人生、責任もてないわけですから強要する権利は無いです

 

 

自分を良く見せる為のマナーではなく

 

他人に迷惑をかけない、失礼をしない為のマナーです

 

自分の考えを共有、共感出来る相手、生涯を共にする友人、異性を

 

探すことの大変さ忘れがちです💦

 

 

孤独を感じてる人の割合の方が遥かに多く

 

その中でも人は機械でも完璧ではないので自分が出来ないことは

人に頼り、助けてもらうんではないんでしょうか。。

 

経営者の方、人件費をかけずコストをかけず自分一人で全部出来たらぼろ儲けですしw

 

人を雇う事の悩みに悩まされる事が無く寧ろ幸せですよね

 

生まれた時から死ぬ迄誰にも頼らず生きて来た人はいないはずです

 

『類は友を呼ぶ』と言われるように

 

無意識に自分と似た人が周りにいます

 

自分自身が愛が無いのに相手に愛を求めたり

 

自分自身は動かないのに相手に求めたり

 

自分を変えたければ周りを変える、

付き合う相手を変える事から始まります

 

私も以前他人の人生を歩んでましたが

息子2人から自分の人生を生きる事を教わりました

 

 

寂しいからと他人の人生を歩みますか?

 

孤独でも自分の人生を歩みますか?

 

 

 

一旦立ち止まり距離を置いてみると

 

自分にとって本当に大切なもの見えてくるはずです。。

 

 

                             今日も前向きに🍀

 

 

 



«   |   »

過去の記事